新生児の目が見えるようになるのはいつからなの?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の目が見えるようになるのはいつからなのか」
について、お話します。

 

無事に出産を終えて、
可愛い我が子の顔を見ながら
話しかけたりしているときに

 

「話しかけているのに、目が合わないな」

 

と、少し寂しく思うことはありませんか?

 

新生児の頃は視覚が未発達なため
あまりはっきりと見えていません。

 

「いつから見えるの?」

 

そして、

 

「どんな風に見えているの?」

 

と、気になりますね。

 

では新生児の赤ちゃんから
成長段階を追って説明していきましょう。

 

新生児の視覚

 

お母さんのお腹の中は暗く、
産まれてすぐは、外の世界の光が目や脳に負担となるため、
光以外は判別できていません。

 

ものの形や色はもちろんまだ見えていません。
視力は0.01〜0.02程度です。

 

生後1週間が経過してくると、
少しずつ色もぼんやりと見えてくるようになります。

 

目の焦点を定めることがまだできず、
あちこちと眼球が動くため、
お母さんは

 

「目が合わないな」

 

と思うのです。

 

両眼が異なる場所を向いていることもありますが、
心配することはありません。

 

視覚は未発達ですが、
お母さんの声は聞こえています。

 

この時期からもしっかりと顔を見て
話しかけてあげてくださいね。

 

生後1〜2ヶ月頃の視覚

 

視力は0.01〜0.02程度ですが
20〜50cm辺りのものを見るようになります。

 

まだぼんやり程度ではありますが、
しっかりとして顔を近づけて笑顔で話しかけ、
コミニュケーションをとりましょう。

 

ゆっくりと赤ちゃんの目の前でものを動かすと、
目で追うようになってきます(追視)。

 

生後3〜5ヶ月頃の視覚

 

視力は0.04〜0.08程度になります。
お母さんの笑顔が見えてくるようになります。

 

そして、しっかりと目でものを追う
追視ができるようになります。

 

焦点を合わせることができ始め、
人の形など判別できるようにまで成長します。

スポンサーリンク

4ヶ月が過ぎた頃には、
奥行きがわかるようになってきます。

 

色の識別は、赤をまず最初に認識できるようになり、
原色系を始めその他の色も見えてくるようになります。

 

赤ちゃんの周りにカラフルなガラガラなどの
おもちゃを置くことで、
たくさん刺激を与えてあげましょう。

 

生後6ヶ月〜満1歳頃の視覚

 

6ヶ月頃は視力が0.1程度になります。

 

奥行きや距離感を判別できるようになり、
顔の判別もできてきます。

 

お母さんやお父さんなど身近な人と
知らない人の区別もできるようになり、
人見知りもはじまります。

 

「お母さんじゃないから嫌だ」

 

といった姿を見ると愛らしく感じますね。

 

1歳頃には更に成長し、
視力が0.2〜0.25程度になります。

 

細い物まで見えるようになり、
床に落ちているパンくずやゴミなどを拾って

 

口に入れたりすることもあるため、
注意が必要です。

 

1歳以降

 

1歳を過ぎた頃から、
また更に成長していきます。

 

3歳になる頃までには視力が1.0までになり、
6〜7歳頃までには安定してきます。

 

新生児期〜3歳頃まで、
著しく視力が成長してきます。

 

赤ちゃんは好奇心旺盛です。

 

見えない頃から色々なものに触れさせていくことで、
脳へ刺激を与えてあげましょう。

 

視覚の成長で気をつけたいこと

 

近年はスマートフォンの普及により、
スマートフォンの画面を見せてあやしたりと、

 

つまりスマートフォンに子守りを
させている人が多くみられます。

 

テレビは画面の中のひとや動物が動き回り、
興味津々な赤ちゃんは近くへ行ってしまいます。

 

大人もそうですが、
成長期である赤ちゃんの成長を妨げたり、
視力の低下の原因になる場合もあります。

 

長時間スマートフォンやテレビなどの画面を
見させないように注意してください。

スポンサーリンク